院長ご挨拶

2020年12月より院長に就任いたしました、玉井大介です。

 

私自身、幼少期からこの地域で育ちましたので、地域の皆様に見守られ育てていただいた恩をお返しできる機会がやって来たと、身の引き締まる思いです。

私は家庭医療学を専攻し、プライマリ・ケア医としてのトレーニングを積んで参りました。

​「家庭医療」「プライマリ・ケア」という言葉は日本ではまだ馴染みの少ない概念ではありますが、「昔ながらの町医者」がイメージしやすいかもしれません。

臓器的な専門性にとらわれず幅広い領域の疾患を診療し、必要時には専門医と連携して患者さんに適切な医療を提供する、『医療の相談窓口』のような役割を担います。

1992年6月に父 桂が開設した当院でございますが、引き続き地域の方々のご期待に応えられるよう精進して参りますので、よろしくお願いいたします。

【プロフィール】
2012年 大阪医科大学 卒業
2012年 市立池田病院 入職(初期研修) 
​2017年 市立池田病院家庭医療後期研修プログラム 修了
2017年 日本プライマリ・ケア連合学会「家庭医療専門医」「プライマリ・ケア認定医」 取得
2020年 玉井内科クリニック 開設(継承)
1606110001037_2.jpg